写真家 迫幸一 モノトーンの世界展

写真家 迫幸一 モノトーンの世界展

 

 

 

 

 

 

 

写真家 迫幸一 モノトーンの世界展

■introduction
迫幸一は、戦後広島の写真界を代表するモノクロームの世界の写真家であり、代表作は、ニューヨーク近代美術館に5点、英国ビクター&アルバート美術館に2点が永久保存されています。また、世界写真年鑑や写真集にも数多く掲載されるなど、どの作品にも造形の新鮮さや確かさ、そして一脈の詩情が溢れています。
今回は昨年に続き、遺作展として迫幸一本人の「手焼き」作品二十数点を展示しました。
造形的様の高い作品、中には未発表の作品数点も含まれています。
単純な白と黒の階調がもたらす、新鮮な感動をお楽しみ下さい。
迫青樹 より

■開催期間
2014年6月1日(日) – 6月30日(月)

■営業時間
OPEN 12:00
CLOSE 20:00

■入場料
1ドリンク

■休館日
水曜日